伊豆大島ジオパークについて:伊豆大島ジオパーク推進委員会からのお知らせ

推進委員会からのお知らせ

2017年03月24日

【お願い】3/25(土)オオシマザクラ現地観察会

明日3/25(土)10時〜「オオシマザクラ現地観察会」は予定通り開催いたします。

当初、観察ポイントを徒歩で巡る予定でしたが、
都合により、海のふるさと村での観察を行った後、
車で移動しながらポイントを巡ることとなりました。

つきましては、車の台数を極力少なくしたいため、
知人・友人とお車を乗り合わせのうえご参加いただけますよう、
何卒ご協力をお願い申し上げます。

(I)


posted by STAFF at 16:01 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

セミナー『オオシマザクラ、その生態、魅力、由来を探る』のお知らせ

オオシマザクラセミナー.jpg


伊豆諸島には、オオシマとハチジョウの名を冠する
固有の植物が何種類も知られています。
特にオオシマザクラは、日本のサクラ類の中でも最も大きな花を咲かせ、
よい香りを放つ種類、そして、ソメイヨシノという
園芸品種を生み出した種類として有名です。

このたび、ソメイヨシノの由来を遺伝学的に解明された、
加藤珠理博士をお招きしてのセミナーを企画しました。
加藤博士がライフワークとして取り組まれている
オオシマザクラの生態や、オオシマザクラが日本の桜の
伝統的栽培品種を生み出した遺伝学的背景を知り、
伊豆諸島固有の植物の理解を深め、
伊豆大島の魅力をより多くの人へ広める機会にしませんか?

<講演会>
平成29年3月24日(金)18:00〜20:00 北の山公民館

<現地観察会>
平成29年3月25日(土)
海のふるさと村 駐車場
(※テニスコート脇の駐車場ではなく、一番海側・奥の駐車場にご集合願います)

集合10:00、解散12:00(予定)
○現地集合・解散。申込不要
○歩きやすい服装・靴着用。雨具・飲料水は各自持参
○小雨決行(荒天時中止。前日夕方までに催行判断のうえ周知します)

主催:伊豆大島ジオパーク推進委員会
お問合せ:伊豆大島ジオパーク推進委員会事務局 (臼井・岩崎)
TEL: 04992-2-1444 / E-mail: geopark@town.oshima.tokyo.jp

是非、お誘いあわせの上、ご参加いただけますと幸いです。
多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

(I)


posted by STAFF at 11:34 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

セミナー『オオシマザクラ、その生態、魅力、由来を探る』

オオシマザクラの生態やオオシマザクラが日本の桜の伝統的栽培品種
を生み出した遺伝学的背景を知り、伊豆諸島固有の植物の理解を深め、
伊豆大島の魅力をより多くの人へ広める機会にしませんか?

【日時・場所】 3月24日(金) 午後6時〜 北の山公民館
【講   師】 加藤 珠理 氏(森林総合研究所多摩森林科学園 主任研究員)
        長谷川 雅美 氏(東邦大学理学部生物学科地理生態学研究室 教授)

 ※3月25日(土)午前中には現地観察会も予定しています。
  詳細は追ってお知らせします。



posted by STAFF at 14:28 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

伊豆大島の緑のチカラ〜土砂災害からの復興を支える植物を知ろう!

伊豆大島ジオパークでは、関係機関と連携の下、
平成27年3月から土砂災害の被災斜面で植物を調査しています。
このたび、調査に御協力頂いている先生方の講演会と、
御神火スカイライン〜三原山周辺を先生方と巡り、
植物の解説や簡単な実験を行う観察会を開催します。

伊豆大島火山と永く共に暮らすために、
この島ならではの自然環境について、
まずは足元から考えてみませんか?

-------------------------------------------------
<講演会(申込不要・入場無料)>
日 時 3月3日(金) 午後5時〜7時  
場 所 北の山公民館
講 演 @ 植物で土砂災害は防げるか!?(東京農工大学 石川芳治教授)
    A 伊豆諸島ならではの植物とその守り方(筑波大学 上條隆志教授)
      B 生きものはなぜみんな違うのか、どうしてそれが大切か(京都大学 今西純一助教)

3/3講演会ポスター.jpg



<観察会(要申込 3月2日(木)まで)  ※定員 27名(先着順)
日 時 3月4日(土) 午前9時〜正午
集 合 午前8時50分集合 町役場公共駐車場(※歩きやすい服装でお越し下さい)
主 催 伊豆大島ジオパーク推進委員会・環境省伊豆諸島自然保護官事務所
申込み・問合せ 伊豆大島ジオパーク推進委員会事務局(政策推進課振興企画係)電話2-1444

0304自然観察会.jpg
-------------------------------------------------

皆さまのご参加をお待ちしております!

(I)



posted by STAFF at 08:52 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

防災教育チャレンジプラン

一昨年の11月に応募し、採択を受け、昨年4月から進めてきた
島内3つの小学校の「防災教育チャレンジプラン」。
このたび実施報告書(フルカラー20頁)が完成しました。

DSC_0706ss.jpg

1986年噴火から30周年を契機に、
大人たちから子どもたちへ、子どもたちから大人たちへ、
災害教訓の継承を行ったこの事業の集大成。
明後日、18日には防災教育チャレンジプラン活動報告会が
東大地震研で開催されます。
http://www.bosai-study.net/houkoku2016/leaflet_2016kh.pdf
(※参加は事前申込制で、申し込みは締め切られていました。
  もっと早く周知すればよかった…)

当初の計画通りには進まなかった部分もありますが、
子どもたち制作の壁新聞および噴火30周年シンポジウムでの発表は、
想像以上に高度かつ濃い内容で、表現にも工夫が凝らされており、
本事業にご協力くださった大人たち・島民の熱い想い、
この島で火山とともに生きるということを
子どもたちがしっかり受けとめたものと思われます。

報告書用2s.jpg

報告書用3s.jpg

報告書用1s.jpg


あと5年後?10年後??、再び御神火様が目覚めたときには、
この子どもたちが立派に成長していて
島の人たちの安全な避難を先導してくれることでしょう。


報告書は、子どもたち+学校、防災関係者等に配布した後、
希望者にお配りすることもできるかと思います。
ちなみに、噴火30周年事業全体の記録集もただいま鋭意作成中です。
配布可能となりましたら改めてお知らせいたします!(R)



posted by STAFF at 21:22 | 防災・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

ジオガイド認定式!

昨年10月3日に実施した、
ジオガイド認定再試験に合格された9名を対象に
ジオガイド認定式を開催いたしました。


町長でもあるジオパーク推進委員会・三辻会長より
「町政にとってジオパークは必須であり、
あらゆる諸問題を解決する糸口となる手段だと確信している。
そのため、所信表明のほか大島町基本構想などにもジオパークを織り込んだ。
今後もジオパークを揺ぎ無く、継続推進していくためにも
みなさんのご活躍やご協力が、より一層必要となるので
これからも宜しくお願いいたします」とのお言葉がありました。
RIMG0827.JPG

そして認定証と、認定カードの授与を行いました。

RIMG0830.JPG

認定証と認定カードがまぶしいっ!!!
(三辻会長、わ、笑って下さい。。。)


認定ジオガイドさんは35名いますが、
今回で中級ジオガイドさんは29名、
初級ジオガイドさんは6名になりました!

立場や職業は異なるけれど
皆さん伊豆大島が大好きな、探究心旺盛な方々。
一緒にフィールドを歩くと、
自然や歴史、文化に対する知識はもちろんですが
脚力もずば抜けております(笑)。


自分たちのペースで歩くのも楽しいですが、
やはりジオガイドさんと一緒に歩くと
自分たちだけでは知りえなかった「気付き」や「わくわく」がたくさんあって
普段よく目にしている景色も、新鮮に見えてきます。

観光でいらした方も、島に住んでいる方も、
是非、ジオガイドさんと一緒に、島を歩いてみて下さいね!

(I)


posted by STAFF at 09:15 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お知らせ記事一覧(TOP)へ