伊豆大島ジオパークについて:伊豆大島ジオパーク推進委員会からのお知らせ

推進委員会からのお知らせ

2018年06月21日

”この”道の名づけ親になりませんか?

3ヵ所につける名前を募集します!

ポスター.jpg

詳細
ネーミング対象場所
@ [温泉ホテル〜1986年割れ目噴火溶岩流地帯までの道]
さぁ出発!!
温泉ホテルの駐車場から下っていくと木が生い茂った森に入れます。
1.JPG
大きな木がトンネルのようになっています。天気がいい日は木漏れ日が素敵✨
2.jpg
3.jpg
少し進むと…トンネルでは無くなってきました

4.jpg
突然切り開け
5.jpg
目の前には三原山が!(思わず写真を撮りたくなります!)
6.jpg
右を見れば素敵な桜の木(実は一本の桜じゃないんです♥️)
7.jpg
どんどん進みます✨回りの草木は自分より低くなっています
8.jpg
9.jpg
気付くと足元の草ばかり(^^)
10.JPG
振り返ればこんな景色が✨

DSCN2374.JPG
この道は植生の遷移や噴火で失われた植物が再生する過程がわかる道です。


A [1986年割れ目噴火の溶岩流地帯の奇岩が見られる道]
ここは1986年の割れ目噴火の溶岩が流れた後が良くわかります。
DSC_0152s.jpg
3メートル以上もあるこの溶岩は割れ目噴火からでたマグマのしぶきが降り積もりながら溶岩流に運ばれて複雑な形となりました。
DSC_0074s.jpg
様々な形があり、何に見えるか考えるのが楽しいです✨
DSC_0054s.jpg


B [裏砂漠の丘]
奇岩地帯からもう少しまっすぐに歩いて行くと右に見える火山観測機器を目指して丘を昇ります
DSC_0088s.jpg
DSC_0132s.jpg
昇るとこんな素敵な景色が!休憩に最適✨
DSC_0108s.jpg
DSC_0115s.jpg
以上3ヵ所に名前を募集します!沢山のご応募お待ちしております✨



応募方法
下記応募用紙を出張所又は大島町役場観光課へ投函していただくか、FAX・メールにて
下記問い合わせ先までご応募ください。
締め切り 8月31日(金)必着
決定 10月上旬

ネーミング募集応募用紙.pdf

問い合わせ先
伊豆大島ジオパーク推進委員会 事務局
(観光課 ジオパーク推進係)
電話 04992-2-1446 FAX 04992-2-1371
メール geopark@town.oshima.tokyo.jp




posted by STAFF at 15:07 | 保全・町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

「第19回地震火山こどもサマースクール in 伊豆大島ジオパーク」 参加者募集!

以下のとおり、伊豆大島ジオパークにて
「第19回地震火山こどもサマースクール」を開催いたします。

第19回地震火山こどもサマースクール 開催案内チラシ画像ファイル.jpg

伊豆大島を調査・研究されている国内最高峰の現役研究者と一緒に、
野外活動や実験を通じて、伊豆大島のヒミツを楽しく解き明かします!

最先端の科学者と直接ふれあい、自分たちが暮らす地域を自然科学の目で見つめ、
この島で起こってきたこと・災害と恵みを知り、
豊かで安全な人生を送る術を養うきっかけとなること、間違いなしです。
お子様、お孫様がいらっしゃる保護者の皆様、ぜひご検討ください!(R)

-----------------------------------------------------------
◆日 時 
【1日目】 2018年8月7日(火)
 8:45集合(大島町開発総合センター)〜17:00解散(大島町開発総合センター)
【2日目】 2018年8月8日(水)
 8:30集合(伊豆大島火山博物館駐車場)〜17:15解散(大島町開発総合センター)
 ※宿泊無しの日帰り2日間
◆講 師  千葉達朗(アジア航測総合研究所)、川邉禎久(産総研地質調査総合センター)、森田裕一(東京大学地震研究所火山噴火予知研究センター)、横山光(北翔大学教育文化学部)ほか
◆募集対象・人員  小学校5年生〜高校生 40名
◆参加費  2,000円 ※昼食代、障害保険代、飲料代として

◆主 催  第19回地震火山こどもサマースクール実行委員会(伊豆大島ジオパーク推進委員会、大島町、大島町教育委員会、(公社)日本地震学会、NPO法人日本火山学会、(一社)日本地質学会)
◆後 援  内閣府、文部科学省、国土交通省、国立研究開発法人防災科学技術研究所(予定含む)
◆協 力  伊豆大島ジオガイドの会、伊豆大島ジオパーク研究会
-----------------------------------------------------------

詳細・お申込みは、以下の募集要項・申込用紙をご覧ください。

第19回地震火山こどもサマースクール 開催案内チラシ A4.pdf
第19回地震火山こどもサマースクール 募集要項.pdf
第19回地震火山こどもサマースクール 申込用紙.pdf
第19回地震火山こどもサマースクール 申込用紙.docx


posted by STAFF at 12:39 | 防災・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

伊豆大島ジオクリーニング&ウォーキング

伊豆大島にある各地域資源について
『住民主体』で『持続可能』な保全活動をしていくために
必要な手順や方法などを考える実践ワークショップ
「〜楽しみながら知る・守る・きれいにする〜
  ジオガイドさんと一緒に!
  伊豆大島ジオクリーニング&ウォーキング」

3/4(日)に開催しました。

参加者はなんと、27名も!!(嬉)

朝9時。霧に包まれた三原山山頂口に集合し、
山を歩く前に、山頂口ジオパーク展へ。
ジオガイドのNさんから三原山火山についてお話を伺い、
本日ジオクリーニングする場所や目的について
最初にみんなで確認し共有しました。
DSCN9169.JPG

その後、草刈やゴミ拾い等のジオクリーニングを
しながらウォーキング開始!
DSCN6187.JPG
途中、遊歩道周辺にある地域資源の前では
3名のジオガイドさんより
目の前に見える景色や地形の成り立ちや
その価値についてご解説いただきました。
DSCN6136.JPGDSCN6162.JPGDSCN6205.JPG
(ジオガイドのTさん・Yさん・Tさん、改めてありがとうございました^^)

“伊豆大島の地域の宝物を守り伝えていくために
何をしたら良いか、どんなことが必要か”を
楽しくおしゃべりしながら、歩きながら、草刈・ゴミ拾いしながら、
みんなで意見を出し合いました。
DSCN6160.JPG
DSCN6207.JPG
「ここに解説看板や誘導看板があればいいな」
「価値がある場所が草に埋もれていてもったいない」
「草は刈らずにそのままにして、草木の逞しさを見せてもいいね」
などなど、様々なご意見やアイデアを頂きました。
「ガイドさんの話を聞きながら三原山を登ったのは初めて。
解説を聞いて、初めて三原山がすごいと思った」と
地元の方よりご意見をいただけたのが
個人的にはとぉーーーっても嬉しかったです!

最後にきれいに草刈した露頭の前で記念撮影。
DSCN6227.JPG
(写真掲載について皆様よりご快諾いただきました)
皆様、本当にいい笑顔です^^
この日は気温も上がってきたので心地良い汗もかき、
何より、山もきれいになって気持ちが良かったです。

楽しく知り、守り、伝えていくために。
考えは多種多様で、違っていて当たり前。
全員一致、完璧な正解はないかもしれませんが
いろいろな考えの方が、様々な意見や知恵を出し合って
話し合い、納得しながら、答えを導いていきたいです^^

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

posted by STAFF at 09:53 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

崩壊斜面植生回復モニタリング調査報告会

崩壊斜面植生回復モニタリング調査の報告会
を開催いたしました。
----------------------------------------
【3/2(金)講演会】(参加者24名)
今回の報告会は、「見て・触って・体感できる」
内容にしようと打合せをしていました。
DSCN6031.JPG

まず、平成27年3月より実施している調査の経過報告を
環境省関東地方環境事務所 伊豆諸島自然保護官事務所の
武藤様・椋本様よりご解説いただきました。
2箇所のプロット(調査ポイント)で実際に採取し
乾燥させた落ち葉を袋にいれ、
参加者に見て・触っていただき、
落ち葉の種類や重さ、量などを体感していただきました。
DSCN6062.JPG

その後、モニタリング調査のために毎回ご来島頂いております
若原妙子様(東京農工大学農学部森林保全学研究室 産学官連携研究員)より
DSCN6059.JPG
「伊豆大島・大金沢斜面における土壌侵食とその仕組み」について、
また、土砂災害発生後にも山地災害調査にいらした
小川 泰浩様(森林総合研究所 森林防災研究領域 山地災害研究室主任研究員)より
DSCN6074.JPG
「噴火跡地の緑化工」について、ご講演いただきました。
----------------------------------------
【3/3(土)現地観察会】(参加者17名)
崩壊斜面植生回復モニタリング調査地へ向かう前に
山腹を眺められる大金沢堆積工近くで降車し、
航空実播の概要や植生回復状況調査などについて
大島支庁土木課緊急砂防担当の田宮様・後藤様が
解説や写真などが多数描かれたパネルや資料を使って
分かりやすくご説明下さいました。
DSCN8966.JPG

※当日参加者よりお預かりしたご質問について※
※土木課の方より早速ご報告のご連絡を頂きま※
※したのでこちらに掲載させていただきます。※
Q1:航空実播を行った面積は。
A1:約21haです。
Q2:元町北林道上の斜面は航空実播を行ったのか。
A2:航空実播を行っています。

その後、モニタリング調査の現地へ行きましたが
前日同様、参加者が「見て・触って・体感できる」よう
いろいろ工夫してみました。

温湿度計と風向風速計のデータをその場で取ってみたり、
DSCN9055.JPG
土砂の補足箱の蓋も実際に開けて
落葉や土砂がたまる仕組みや、水分が濾過されて量水計に
つながっている様子も見ていただいたり…。
DSCN9022.JPG
また、小川様がご持参された土壌硬度計を
参加者に渡して実際に土に挿していただき、
DSCN9044.JPGDSCN9045.JPG
場所によって土の固さの違いがあることを
体感して頂きました。

2日間に渡り、ご講演・ご解説頂いた
小川様・若原様をはじめ、参加者の皆様、
観察会に携わって下さった全ての皆様、
本当にありがとうございました!
----------------------------------------
このモニタリング調査は東京農工大学や大島町、
大島支庁、気象庁、環境省、大島自然愛好会、
ジオガイドさんなど、多数の方々のご協力で
続けられ、成り立っています。

“森になるまで見守る”この取組みについては
随時ご報告させていただきます。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします。


posted by STAFF at 14:08 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

地域資源の保全活用を考えるワークショップ開催のご案内

伊豆大島ジオパーク推進委員会は
国立公園及びジオパークの適切な保全活用を
『地域住民の理解のもと』『協働』で進めていくため、
今年度、保全・活用計画「全体計画」を策定いたしました。
策定目的や、ジオサイトの保全保護の現況などを
地域の皆で共有します。

共有後、ワークショップにおいて
ジオサイトを保全・活用するための方法や
課題について一緒に考えていきます。

伊豆大島ならではの地域資源をあなたなら
「どのように守り」「どのように伝えていきたい」ですか?
貴重なご意見やアイデアをより多く集約できるよう、
たくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております!
---------------------------------
日時:平成30年2月23日(金) 17:30〜20:00 
場所:開発総合センター 2階大集会室
内容:地域資源(1986年A溶岩および遊歩道途中の露頭など)の
    保全活用を考えるワークショップ
共催:環境省関東地方環境事務所 伊豆諸島自然保護官事務所
    伊豆大島ジオパーク推進委員会

20180223WSポスター.jpg



(I)

posted by STAFF at 16:09 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

明けましておめでとうございます。

本年最初の写真は、
伊豆大島を代表する先駆植物のひとつ
ハチジョウススキ。

DSCN5459.JPG

養分も少なく、日照も強く、
激しい風が吹きつける荒原に
しっかりと根を下ろして
さまざまな植物が生える礎をつくります。

枝に隙間なく穂を密生させ、
体いっぱいに太陽の光を受けて、
風に乗って多くの種を運んでくれる
ハチジョウススキを見習って
事務局一同、尽力して参りたいと存じます。

伊豆大島ジオパークに関わる全ての皆様へ。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします^^

posted by STAFF at 08:45 | その他お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お知らせ記事一覧(TOP)へ