伊豆大島ジオパークについて:伊豆大島ジオパーク推進委員会からのお知らせ

推進委員会からのお知らせ

2017年08月23日

伊豆諸島自然保護シンポジウム開催のお知らせ

〜伊豆諸島の自然を後世に残すために〜

伊豆諸島には、雄大な火山景観、島で独自の進化をとげた生物、
豊かな海洋生態系など、貴重な自然が存在します。
これらを後世に残すためにはどうしたらよいでしょうか。
シンポジウムでは、島の自然を守り、持続的に活用するために
活動されている方々にご講演いただきます。
皆様、お誘い合わせてご来場ください。
-------------------------------------------------------
日 時 2017年9月27日(水) 17時45分〜20時
場 所 大島町開発総合センター1階 大会議室
-------------------------------------------------------
《プログラム》
@「伊豆大島における特定外来生物キョンの防除事業について」
      小野 満基 氏(大島支庁土木課)
A「御蔵島におけるミナミハンドウイルカの保全とエコツーリズムへの活用」  
      小木 万布 氏(御蔵島観光協会)
B「青ヶ島の自然と島の活性化」 
      荒井 智史 氏(青ヶ島還住太鼓)
C パネルディスカッション
※天候・交通機関の運行状況により、講演者と内容が変更となる場合があります
-------------------------------------------------------
《主催・問い合わせ》
●伊豆諸島植生研究グループ
【代表】 筑波大学大学院生命環境科学研究科 教授 上條隆志
    Tel 029-853-4704

●伊豆大島ジオパーク推進委員会
【事務局】 大島町政策推進課 ジオパーク推進係
    Tel 04992-2-1444

💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠
    併催 「伊豆諸島自然保護パネル展」
9月20日(水)〜27日(水)開発総合センター1階ロビー
💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠💠

1ポスター.jpg




posted by STAFF at 09:23 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

夏休み親子噴火実験教室を開催しました

本日、伊豆大島火山博物館において
2017年夏休み親子噴火実験教室が開催されました。

参加してくれた小学生は21名。
スタッフは気象庁、環境省、大島支庁、町役場、
中学校、伊豆大島ジオパーク研究会、火山博物館の方々
…総勢28名がご協力・ご参加いただきました!

<実験内容>
・ミニ火山噴火…クロムの噴火実験
・噴石や火山灰…お麩を使った噴出実験
・溶岩のねばり気と火山の形…小麦粉の溶岩噴出実験
・噴出の力を生むのは…炭酸飲料を使った爆発実験
・噴火と空気の揺れ…空気砲の実験
・赤色立体地図を使った溶岩流実験
DSCN2453.JPG

どの実験も、子供たちは真剣に取り組んでくれましたが
特に溶岩流の実験では、
大宮沢の溶岩導流堤に見立てた緑色の粘土が
流れてくる溶岩代わりシャンプーを堰き止め
野増地区には流れず、海へ流れる仕組みを再現しました。
DSCN2759.JPG

「ぼくのおうちが溶岩に飲み込まれちゃう〜!」
「あ、でもこの堤防があるから溶岩がこなかった〜」などと
溶岩導流堤の仕組みや役割について
よく理解ができたようです。

子供たちが実験をしている間
希望する保護者の方には
認定ジオガイドのNさんと、
ジオパーク推進委員会環境防災部会長のKさんが
伊豆大島火山博物館内を案内して下さいました。
DSCN2703.JPG

将来、参加してくれた小学生から
火山学者が誕生してくれるといいな^^






posted by STAFF at 17:11 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お知らせ記事一覧(TOP)へ