伊豆大島ジオパークについて:伊豆大島ジオパーク推進委員会からのお知らせ

推進委員会からのお知らせ

2017年07月11日

崩壊斜面モニタリング調査(平成29年度2回目)

7月4日(火) 「崩壊斜面モニタリング調査」の平成29年度2回目を実施しました。

今回の参加者は8名。
東京農工大学の若原先生もご来島され、植物の種類・樹高といった植生の回復状況の調査、風速や雨量等の観測機器からのデータ収集に加え、計器の整備も行いました。

前回調査は4月26日。
間に梅雨を挟み気温もぐんと上がったため、モニタリング現場は草木がうっそうと茂り、作業は難航しますが植生回復の面では嬉しい悲鳴です。
それでは、昨年度同時期の様子と比べてみましょう。
(赤い線はおおよそのプロットの枠です)

プロットA.jpg
(2016/6/15 プロットAの真上から)

プロットA2017.jpg
(2017/7/4 プロットAの真上から)

1年を経て、大幅に植生回復しているのが分かります。
昨年は土壌が露出していた箇所にも草が生え、何より樹木の割合が増えています。2016年にプロットBで一番背の高かった木は230cmでしたが、今回調査では480cmと、なんと2倍以上もの高さにまで生長しました。樹木は地面に深く広く根を張って、雨による土砂の崩壊を防ぐ働きがあります。植生回復も立派な防災なのですね。

今後も調査は季節毎に継続して行っていきます。
調査結果は随時共有させていただきます。
(M)
 



posted by STAFF at 08:54 | 保全・町づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

秋廣平六没後二百年記念事業のお知らせ

波浮の港開港・波浮港村創設の祖である
秋廣平六没後二百年記念事業として
5月27日(土)11時から、旧波浮小学校において
催し物や郷土芸能などが楽しめるイベントが開催されます!

秋廣平六没後200年記念事業.jpg
波浮の港の歴史や文化に触れながら、散策してみませんか?
波浮港.JPG
--------------------------------------------------
【秋廣平六とは、どんなひと?】
波浮港は、もともとは火口湖で「波浮の池」と呼ばれていましたが
元禄16年(1703)の大地震と大津波によって池が崩壊して海とつながりました。

寛政2年(1790)、田村玄長の薬草調査の案内役として来島した平六は
わずかに外海と通じていた「波浮の池」に着目して、幕府に願い出て
工事の引受人として総工費980両、延べ人数12,000人、5ヶ月をかけて港口を開削し
見事に港を完成させました。

平六はその後の波浮港村の創設にも尽力し、いまから200年前、
文化14年(1817)に波浮港で没しました。

平六の努力による開港以来、波浮港は遠洋漁業の風待ち港としても栄え、
明治から昭和にかけて、多くの文人墨客(詩文・書画などに親しむ人)が訪れました。
最盛期の港は何重にも船が停泊し、通りは多くの人たちであふれていたそうです。
波浮港はもとより、伊豆大島や近隣漁業の発展においても
多大な貢献をもたらしてくれた方なのです。


posted by STAFF at 10:56 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

ジオガイドさんと一緒に歩こう!

伊豆大島ジオパーク公式ページをご覧いただき
ありがとうございます!

当ホームページのTOPページ画面右側に
認定ジオガイドさんを紹介する
リンクバーナーができました。

伊豆大島ジオパーク認定ジオガイドさんは
もともとフィールドをくまなく歩き、
伊豆大島についてとても詳しい方ばかりですが
約3ヶ月にわたり22講座の地球科学や動植物、歴史など
多岐にわたる内容の養成講座を受講し、
認定試験に合格された方々です。

現在、35名の認定ジオガイドさんがいらっしゃいますが
今回はそのうち、掲載希望の14名をご紹介!
0001.jpg0002.jpg0003.jpg0004.jpg

普段、見慣れている目の前の景色も
ジオガイドさんからのお話を聞きながら歩くと
「この地形の成り立ちを初めて知った!」
「普段から目にする植物に、こんな特徴があったなんて!」などと
今まで気付かなかったことや、たくさんの不思議を
“ワクワク”に変えてくれますよ^^
(私もジオガイドさんにいろいろ教えていただき
すっかり地層&火山好きになりました。。。)

観光でいらっしゃる方も、島民の方も
是非、ジオガイドさんと一緒に歩いてみて下さいね♪
(I)


posted by STAFF at 10:08 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

伊豆大島ジオパーク・ロゴとイメージキャラクター使用について

伊豆大島ジオパークをPRするため、
ロゴマーク及びイメージキャラクターがございます。
個人用 ・ 商用いずれにも無償でご使用いただけます!

詳しくは当ホームページ「資料ダウンロード」からご確認頂けます。

【伊豆大島ジオパーク ロゴマーク等使用取扱要綱】
【ロゴマーク・キャラクター使用についてのご案内】

島内外に広くアピールするため、
伊豆大島の情報発信 ・ 地域活動 ・ 各種事業でぜひご活用下さい!

(I)

ロゴマーク・キャラクター使用についてのご案内.jpg


posted by STAFF at 16:27 | その他お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

【お願い】3/25(土)オオシマザクラ現地観察会

明日3/25(土)10時〜「オオシマザクラ現地観察会」は予定通り開催いたします。

当初、観察ポイントを徒歩で巡る予定でしたが、
都合により、海のふるさと村での観察を行った後、
車で移動しながらポイントを巡ることとなりました。

つきましては、車の台数を極力少なくしたいため、
知人・友人とお車を乗り合わせのうえご参加いただけますよう、
何卒ご協力をお願い申し上げます。

(I)


posted by STAFF at 16:01 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

セミナー『オオシマザクラ、その生態、魅力、由来を探る』のお知らせ

オオシマザクラセミナー.jpg


伊豆諸島には、オオシマとハチジョウの名を冠する
固有の植物が何種類も知られています。
特にオオシマザクラは、日本のサクラ類の中でも最も大きな花を咲かせ、
よい香りを放つ種類、そして、ソメイヨシノという
園芸品種を生み出した種類として有名です。

このたび、ソメイヨシノの由来を遺伝学的に解明された、
加藤珠理博士をお招きしてのセミナーを企画しました。
加藤博士がライフワークとして取り組まれている
オオシマザクラの生態や、オオシマザクラが日本の桜の
伝統的栽培品種を生み出した遺伝学的背景を知り、
伊豆諸島固有の植物の理解を深め、
伊豆大島の魅力をより多くの人へ広める機会にしませんか?

<講演会>
平成29年3月24日(金)18:00〜20:00 北の山公民館

<現地観察会>
平成29年3月25日(土)
海のふるさと村 駐車場
(※テニスコート脇の駐車場ではなく、一番海側・奥の駐車場にご集合願います)

集合10:00、解散12:00(予定)
○現地集合・解散。申込不要
○歩きやすい服装・靴着用。雨具・飲料水は各自持参
○小雨決行(荒天時中止。前日夕方までに催行判断のうえ周知します)

主催:伊豆大島ジオパーク推進委員会
お問合せ:伊豆大島ジオパーク推進委員会事務局 (臼井・岩崎)
TEL: 04992-2-1444 / E-mail: geopark@town.oshima.tokyo.jp

是非、お誘いあわせの上、ご参加いただけますと幸いです。
多くの方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

(I)


posted by STAFF at 11:34 | 講演・学習会・ネットワーク活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お知らせ記事一覧(TOP)へ